1. HOME
  2. ブログ
  3. IT導入補助金
  4. IT導入補助金2024、来年2月より申請受付を開始!インボイス制度への対応も支援

BLOG

ブログ

IT導入補助金

IT導入補助金2024、来年2月より申請受付を開始!インボイス制度への対応も支援

IT導入補助金でITツール導入・DXによる生産性向上を支援!

はじめに

経済産業省は、IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)について2024年(令和6年)も継続し、中小企業の業務効率化やDX化(デジタルトランスフォーメーション)の推進、サイバーセキュリティ対策、インボイス制度への対応を支援する方針を発表しました。

この記事は、こんな方におすすめ!
・ ITツールを導入してDXによる業務効率化・生産性向上したい
・ 企業の情報セキュリティの強化へ取り組みたい
・ インボイス対応にかかる事務の負担を軽減したい

目次

  1. IT導入補助金2024とは
    • 2024年2月中旬~申請受付を開始
  2. IT導入補助金2024の制度概要について
    • 通常枠
    • 複数社連携IT導入枠
    • インボイス枠
    • セキュリティ対策推進枠
  3. お問い合わせ
    • こんな方におすすめ
    • IPカスタマーサポートへのお問い合わせ

【1】IT導入補助金2024とは

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業等の労働生産性の向上を目的として、業務効率化やDXの推進、サイバーセキュリティ対策、インボイス制度への対応等に向けたITツールの導入を支援する。

2024年2月中旬~申請受付を開始

IT導入補助金は中小企業などのITツール導入を支援し、労働生産性を高めることを目的としています。政府の2023年度補正予算案に、ものづくり補助金・持続化補助金・事業承継・引継ぎ補助金も含む中小企業生産性革命推進事業として2,000億円が盛り込まれました。

2024年2月中旬から申請受付を開始します。

また、上記の資料中では「切れ目なく継続的に、成長投資の加速化と事業環境変化への対応を支援する目的」とも記載されており、今後のIT導入補助金の継続も期待できます。

経産省はIT導入補助金の対象企業に、「補助事業者全体の労働生産性が、事業終了後3年で、9%以上向上すること」という成果目標を求めています。

弊社では、2024年も引き続き、IT導入補助金の申請のサポートを行って参ります。先行予約も随時受付中です。IT導入補助金2023のサポートをご希望の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

※最新情報は、IT導入補助金2023 後期事務局ホームページにて、ご確認ください。

【2】IT導入補助金2024の制度概要について

IT導入補助金2024経済産業省 経済産業省関係令和5年度補正予算の事業概要(PR資料)

■支援枠の改編について
通常枠、セキュリティ対策推進枠、インボイス枠(インボイス対応類型・電子取引類型)、複数社連携IT導入枠の全4支援枠に改編。


■補助率の拡大について
インボイス枠(インボイス対応類型)では、小規模事業者に対する補助率を一部「4/5」へ拡大。


■制度変更に伴う補助対象ITツールの見直しについて
インボイス枠(インボイス対応類型)においては、インボイス制度に対応した「会計」「受発注」「決済」機能を有するソフトウェアが対象。
※インボイス制度に対応していないソフトウェア及びECサイト制作は本類型の対象にはなりません。

上記他、制度概要詳細につきましてはこちらよりご参照ください。

通常枠

▼A/B類型の区分なし、補助額・補助率:IT導入補助金2023と同様。
・ITツールの業務領域が1~3まで:補助額5万円~150万円未満、補助率1/2。
・ITツールの業務領域が4以上:補助額150万円~450万円以下、補助率1/2。

複数社連携IT導入枠

▼複数の中小企業・小規模事業者等が連携して、地域DXの実現や生産性向上を図る取り組みを支援。
①インボイス対応類型の対象経費と同様:補助率はインボイス対応類型と同率。
②50万円×グループ構成員数:補助率2/3。
補助上限額は①と②を合わせて~3000万円。

インボイス枠

▼インボイス対応ツール導入も支援!(インボイス対応類型と電子取引類型の二つに分類。)
(1)インボイス対応類型
【会計・受発注・決済ソフト】
・補助額50万円以下:中小企業は補助率3/4、小規模事業者は補助率4/5。
・補助額50万円超~350万円まで:補助率2/3。
【PC・タブレット等】補助上限:~10万円、補助率:1/2。
【レジ・券売機】補助上限:20万円、補助率:1/2。
(2)電子取引類型
・補助額上限額350万円:補助率は中小企業2/3、大企業1/2。

※枠の名称が「デジタル化基盤導入枠」から「インボイス枠」へと変更。
※会計・受発注・決済ソフトの補助率が増加。
(2023年では補助率最大3/4から、今回は小規模事業者であれば補助率最大4/5となっています。)

セキュリティ対策推進枠

▼サイバーセキュリティ対策
・補助上限額は、5万円~100万円:補助率1/2。

※上記内容は、現時点の情報によるものです。
今後変更される場合がございますので、予めご了承ください。

【3】お問い合わせ

IPカスタマーサポートへのお問い合わせ

新型コロナウイルスの影響により、EC市場は急拡大を遂げたと言えるでしょう。今後もビジネスにECを取り入れる企業は増えていき、ECの市場規模も拡大していくことが予想されます。

但し、EC市場をとりまく【AI技術の進歩】や【物流の2024年問題】、【インバウンド回復】など、新たな局面に取り残されてしまうことを危惧している方々も決して少なくはありません。

EC(Eコマース/日本語では「電子商取引」という意味です。)で国内外に販路を拡大したい中小企業の皆さまにとって、自社に適したECサービスの活用が欠かせません。
ネットショップやインターネット通販、オンラインショッピングなどがECの一例です。

この度、最新のECサービスを効率的に情報収集できるオンラインイベントが開催されることとなりました。昨年度、1,000名以上が参加した人気イベントで、総勢60社を超える出展社のECサービスを知り、興味を持ったサービスがあれば、担当者と気軽に面談もできる特別な機会です。

当社は、主催機関である独立行政法人 中小企業基盤整備機構のパートナー企業として、「第3回テーマ:国内市場全般&海外販売代行等」に出展いたします。

拡大し続けるEC市場の最新動向はもちろん、ショップの売上向上・事業成長につながるナレッジを余すことなくお伝えいたしますので、海外市場でいち早く成果を出したい方も、海外販売の将来的な可能性を探りたい方も、この機会にぜひ奮ってご参加ください。

こんな方におすすめ

  • ネットショップの立ち上げを検討中の方
  • ショップ運営の課題が多く、どこから手をつけるべきか悩んでいる方
  • ショップの売上を伸ばし、さらに成長させたい方

【EC活用サポートWEEK】公的機関が提供する中小企業とECサービス事業者が出会えるイベント

IPカスタマーサポートへのお問い合わせ

・メールは24時間365日受付(返信は弊社営業時間内に行います)
・電話(076-287-5329)は営業時間(9~18時)にて受け付けております。
・zoomなどを使ったオンライン商談で、全国どこでも対応が可能でございます。

\ 無料でアドバイス♪ 費用はかかりません /

ぜひお気軽にご相談ください。

 

関連記事