1. HOME
  2. ブログ
  3. ホームページ制作
  4. ホームページのSSL化とは?分かりやすく解説

BLOG

ブログ

ホームページ制作

ホームページのSSL化とは?分かりやすく解説

ホームページのSSL化とは

※SSL(正式名称:Secure Sockets Layer)とは、簡単に言うとホームページとそのサイトを閲覧しているユーザーとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みとなります。

皆さんは、ホームページのSSL化や常時SSL化という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ホームページのSSL化とは、ホームページを運用するうえで必須になるものです。

「まだしていない」という方は要注意!ネット犯罪数の増加に伴い、SSLの重要性は年々増すばかり!

常時SSL化に関して言えば、既に「http://」から始まるページではChromeなどのブラウザで警告がでるようになっています。(→Chromeブラウザでは非SSL(http)ページへの警告表示が2017年から段階的に強化されてきました。)

この警告をもって、ユーザーが「安全ではない」と離脱する可能性もありますので、早目の対策が必要です。

【1】ホームページのSSL化とは?
【2】ホームページを常時SSL化するメリット
【3】アドレスバーで安全確保されているかわかる
【4】ユーザーはSSLの有無をとても重要視している
【5】ホームページのSSL化とは?まとめ

【1】ホームページのSSL化とは?

皆さんが日常的に利用しているインターネットは、悪意のある第三者が通信(やりとり)を盗み見ることができてしまいます。

例えば、ユーザーが閲覧しているホームページURL、掲示板に書き込んだ内容や個人情報など、ショッピングサイトで入力したクレジットカード情報なども盗み見ることが可能です。まさに危険性と隣り合わせと言えます。これでは安心してインターネットを利用することが出来ませんね。

これを防ぐために開発されたのが、SSLの仕組み・技術なのです!
SSLを導入すると、インターネット上の通信はランダムな文字列に暗号化されます。

下記のようなイメージとなります。

例)高橋 → 3kai7j

  大阪 → eq73kmfc2

このように暗号化されていれば、たとえ通信が盗み見されても、名前や住んでいる地域を特定することはできません。
もしもSSLがなければ・・・「高橋さんが住んでいるのは大阪ですよね」ということがバレてしまうということです。

私たちは、このSSLの仕組み・技術があるからこそ、日常的にインターネットを利用することが出来るのです。
ホームページのSSL化とは、SSLの仕組み・技術を活用してホームページに閲覧している状態のことを指します。
また、ユーザーが閲覧しているホームページURL、掲示板に書き込んだ内容や個人情報など、ショッピングサイトで入力したクレジットカード情報などのみならず、ホームページ全体をSSLで通信することを常時SSL化といいます。

ホームページのURLが「https://~」で始まっている場合、常時SSL化がされているので安心してください。
では、SSLの導入方法やメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう!

【2】ホームページを常時SSL化するメリット

サイトにSSLを設定するとさまざまなメリットがあります。

主にセキュリティ向上、暗号化による通信内容の盗聴防止、サイトの正確性証明になります。

「安心してインターネットを使うことが出来る」ということです。

≪ SSL導入のメリット3つ! ≫

①リスクを防ぐことが出来る!

インターネット上の通信(やりとり)を暗号化することでリスクを防ぐことが出来ます。

SSL暗号化と電子証明書を組み合わせた「SSLサーバ証明書」は、通信の暗号化とウェブサイトの運営者・組織が実在することが保証されます。

今までの一部のフォームなどを暗号化するのではなく、認証局発行のSSLサーバ証明書で全てのページを暗号化することで、インターネット環境におけるセキュリティリスク(なりすまし、盗聴)に対抗し、ユーザーにとって安全なサイトを構築します。

せっかくSSLを導入しても、一部のページだけでは盗聴やなりすましは防ぐことはできません。すべてのページに導入することで、盗聴対策などに効果を発揮します。

②【鍵のマーク】がつくので、安心感を与えられる!

SSL導入のメリットは、リスクから身を守ることだけではありません。

SSLを導入すると、ブラウザ上に【鍵のマーク】がつくのをご存知でしょうか?

この【鍵のマーク】は、「このサイトを使えば安全な通信が出来ます!」という証拠です。

SSLを導入することで、ユーザーに「このサイトは安心して利用できるサイトだ!」と安心感を与えることができます。

③サイトの信頼度を高めることが出来る!

SSLを導入すると、「SSLサーバー証明書」と呼ばれる、証明書が発行されます。

そして、企業向けのSSLサーバー証明書の発行には 「どこの企業がそのサイトを運営しているのか」を登録し、認証局による審査を通過する必要があります。

その審査は、登記簿謄本などを用いた本格的な形式によるものです。

つまり、企業向けのSSLサーバー証明書が発行されているということは、 認証局に実在を認められた企業ということになります。

これにより、サイトやその企業が「本当に実在している信頼のおける企業」ということをアピールすることができます。

④SEO(検索エンジンの順位の向上)にも有効である

常時SSLを推進しているのが、Googleです。

Googleは、2014年にホームページが常時SSL化されているかどうかを、検索順位を決定する要素の1つとしました。

検索エンジンのデファクトスタンダード(事実上の標準)であるGoogleがこのような姿勢をとっていることから、常時SSLをすることで検索順位が上がるのは今や明確です。

検索順位が上がることでGoogleをはじめとする検索エンジンから、ユーザーが安心して使える信頼のおけるコンテンツであると高く評価されます。

既に93%ものホームページが常時SSLを導入していることを考えると、常時SSLは導入されていることが当たり前と認識されていると考えたほうが良いでしょう。

逆に言えば、常時SSLがされていないとサイトの検索順位が下がるということです。

≪ 実はGoogle検索への対策がSSL化の最も大きい理由 ≫

  • 2010年~ Google検索にてSSL化が始まる。
  • 2014年~ 常時SSL化されたホームページは、Google検索で優遇すると公表。
  • 2017年~ 非SSL化サイトに警告表示が始まる
  • Googleとしては、インターネット閲覧時のセキュリティーは最重要事項の一つと考えられている。そのため、セキュリテイー対策を全世界的に進めている。

上記にも書きましたが、Googleが本格的にSSLを推奨し始めてまだ数年です。それ以前に作成していたホームページは、まだSSL化されていない場合が多くあります。リスク軽減、安心感&信頼性のアピール、といったメリットのあるSSLですが、 実はその重要性は近年増すばかり。サイトに常時SSL化を導入するとさまざまなメリットがあることを理解できたでしょうか。

【3】アドレスバーで安全確保されているかわかる

SSL化しているかどうかは、ユーザーの安全性に関わる事ですので、誰でもホームページを見ている時に確認する事が出来ます。

<ホームページのURLに、SSL化の特徴があります。>

上記のイラストのように、http→https にURLそのものが変わっています。これにより、途中からSSLに変更したいという場合、サーバーに設定するだけでなく、URLに関わる全情報を変更する必要が出てしまいます。

例えば、ホームページ上に表示されている写真画像の保管場所や、リンクに関する部分、場合によってはシステム内のプログラムまで、変更をする必要が出てくるため、後から変更する作業は大変労力や費用がかかります。

これからホームページを作ろうと思う場合は、必ず最初からSSL化しておくと良いでしょう。

ブラウザの、Google Chrome (グーグルクローム)では、非SSL化ページは、以下のようにアドレスバーに「http://」と【保護されていない通信】が表示されてしまいます。

【4】ユーザーはSSLの有無をとても重要視している

インターネット犯罪数は増え続け、警視庁の調査によると2018年のサイバー犯罪数は9,030件と過去最多となりました。

このようなインターネット犯罪に関するニュースが増えることで、 「個人情報を入力する場合には、安全なサイトかどうか確認する」ということが、常識として浸透し始めています!

みなさんもネットショッピングをするとき、怪しげなサイトより、信頼できるサイトで購入したいですよね。

SSLを導入していないということは「このサイトは安全じゃなさそうだから購入するのはやめよう」といったように、 見込み顧客を逃すことにもつながるのです。

【5】ホームページのSSL化とは?まとめ

ホームページの常時SSL化は、サイト訪問者を安心させることやSEO対策の面で必須になりつつあります。

費用をかけたくないからと言ってSSL化を避けることにより、SEO効果が低減するほか、ブラウザの警告メッセージによりサイト訪問者が敬遠することもあり得ます。

現在においてSSL化は、きちんと費用をかけておくべき施策の1つと言えます。

SSL化が未対応のサイト運営者は、これを機会としてSSL化をぜひご検討ください。

  ぜひお気軽にご相談ください。  

ホームページのSSL化で大事なのは、インターネットを利用しているユーザーの個人情報など、大切な情報を守り、安全にデータ通信を行うためです。

zoomなどを使ったオンライン商談で、全国どこでも対応が可能でございます。

関連記事